MENU

アミノ酸シャンプーでおすすめなのは?

髪の毛や頭皮に優しいとして最近人気のアミノ酸シャンプー。

 

これまでのシャンプーではダメージが修復できなかったり、頭皮にかゆみがでるというトラブルのある人もアミノ酸シャンプーで改善されたという話もよく聞きます。

 

ただアミノ酸シャンプーは多くの種類が販売されているために、どれを選んだらいいのかわからないという声もよく聞きます。

 

そこで、美容師として長年の経験を元にアミノ酸シャンプーを選ぶときの注意点やおすすめのアミノ酸シャンプーを紹介していきたいと思います。

 

シャンプーの種類とその特徴

シャンプーには大きく分けて3つの種類があります。

  • 石油系シャンプー
  • 石鹸系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

『石油系シャンプー』

 

市販されているほとんどのシャンプーがこの石油系シャンプーです。

 

主な洗浄成分はラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEA。これらは非常に泡立ちもよく洗浄力も強いのですが、刺激があったり乾燥させてしまうために皮脂が過剰分泌してしまうこともあります。

 

さらにアレルギー性が懸念されている成分が複数含まれています。

 

『石鹸系シャンプー』

 

刺激は少なくて洗浄力は強いのが特徴です。

 

石鹸の主成分がアルカリ性のため、髪のキューティクルが損なわれやすいのと、きしみやごわつきが出やすいです。

 

『アミノ酸系シャンプー』

 

マイルドな洗い上がりで低刺激のシャンプーです。

 

主な洗浄成分はラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミンNa。よく泡立ちが悪いと言われるアミノ酸シャンプーですが、組み合わせ次第で泡立ちの良いものもあります。

 

アミノ酸シャンプーを選ぶときの注意点

まずアミノ酸シャンプーを選ぶときに注意していただきたい大切なことがあります。それはアミノ酸シャンプーと言われているものにも2種類あるのです。

 

  • アミノ酸シャンプー
  • アミノ酸配合シャンプー

 

の2種類ですが、お気づきですか?

 

2つ目のものは『アミノ酸配合シャンプー』なのです。

 

アミノ酸配合シャンプーとは、主な洗浄成分は石油系や石鹸系が使われており、そこに少しアミノ酸系の洗浄成分を加えたものになります。

 

これを見分けるにはぜひ成分の表示を確認してみて下さい。表示は多く含まれているものから順番に書かれているので、はじめの方に『ラウリル〜』『ラウレス〜』という表示があるものは基本的に石油系のシャンプーとなります。

 

これでは頭皮や髪に優しいアミノ酸シャンプーではありませんよね。

 

選ぶときにはまずチェックです!

人気のアミノ酸シャンプーを美容師目線で徹底比較

《Amazonや楽天で爆発的に売れている『BOTANIST』》

 

アミノ酸シャンプーとして世界中で人気になっているBOTANISTの成分からチェックして見ました。

 

【シャンプー】

 

ひと言でいうと、価格と照らし合わせてまあまあいい感じのシャンプーかなと思います。

 

洗浄成分はコカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNaということなので、頭皮や髪にも刺激がなく優しい。ただ若干洗浄力が弱いかな〜という感じがします。

 

成分の中にグリチルリチン酸2Kやセラミド2も含まれていることから頭皮のことも考えられているシャンプーと言えます。

 

ただ少し残念なのは髪の毛を修復してくれるような成分が含まれていないことです。その部分はトリートメントに託されているんでしょうか…?

 

【トリートメント】

 

シャンプーには十分に髪の毛を修復する成分がなかったので、トリートメントに期待したのですが…なんとも言い難い成分でした(汗)

 

トリートメントの中にはしっかりと『シリコン』が含まれています。ジメチコンという名称が含まれている成分がそうなのですが、あのシャンプーの洗浄力の弱さで、これだけのシリコンが含まれていたら次第に髪の毛がべたつくんじゃないか…?と思います。

 

口コミによくある『べたつく』というのが多いのも納得です。シリコンは主に髪の毛に被膜をはるものですべてが悪いものではないのですが、シャンプーの洗浄力が弱いとどんどんシリコンが重なってしまうためにべたついてしまうんですね。