MENU

最近話題のアミノ酸シャンプー、髪や頭皮に優しいのは知っているけどアミノ酸ってどんな効果があるものなのか気になりますよね。

アミノ酸シャンプーの何がいいの?

シャンプーはすべて『水』と『界面活性剤』からできています。

 

この界面活性剤がアミノ酸で作られているものがアミノ酸シャンプーなんですが、どうしてアミノ酸がいいのかというと…頭皮や髪の毛にとってアミノ酸は必要不可欠なものだからです。

 

どういうこと?って思いますよね。

 

髪の毛=ケラチン(タンパク質)

 

ケラチン=アミノ酸の集まりで出来ている

 

ということなので、アミノ酸から作られているシャンプーは頭皮にも髪にも必要なもので出来ているということになります。

 

頭皮や髪の毛に必要なもので出来ているのがアミノ酸シャンプーなので、結果としてタンパク質を補充することができるのです。

アミノ酸シャンプーにはどんな効果があるの?

アミノ酸シャンプーの効果としては

頭皮や髪の毛に優しく刺激にならない
髪の毛や頭皮にタンパク質を補うことができるのでハリコシがでる
頭皮を通じて体内に入っても安全
頭皮を乾燥させないのでかゆみやフケを防ぐ
頭皮や髪の毛に刺激がないので抜け毛や細毛を改善しやすい
うねりやパサつきを改善できる
頭皮の臭いを抑える

アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドなのに汚れはきれいに落とすことができます。きれいに汚れを落としてくれるのに、必要な皮脂はちゃんと残すことができるので頭皮を乾燥させることもありません。

 

逆に石油系や高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強く、汚れを綺麗におとしてくれるのはいいのですが、必要な皮脂まで洗い流してしまうため、炎症やかゆみというトラブルが起こりやすくなるのです。

 

石鹸系は頭皮や髪にも優しいと言われていますが、髪の毛のきしみやパサつきを抑えることができないのが欠点です。

もっとも良いアミノ酸シャンプーってどんなもの?

アミノ酸シャンプーにも価格もバラバラでたくさん種類がありますが、あまり安価なアミノ酸シャンプーには効果を期待できないと思っておいた方が良いと思います。

 

それは、アミノ酸系の界面活性剤ならどれでも同じということではないのです。

 

アミノ酸系界面活性剤にも種類がいくつかあって、良いものとそうでもないものがあるのです。

 

仮に、ココイルグルタミン酸のような高価な界面活性剤が使われていたとして販売価格が安いという場合には、ほとんどそれだけの価格と考えた方が良いでしょう。

 

どういうことかというと、界面活性剤が高いために他の成分が入れられない…もしくは粗悪なものが使われていると考えられるからです。

 

本当に良いものにこだわって作られたアミノ酸シャンプーは、決して安い価格では販売できないのです。

 

  • 界面活性剤には『ラウロイル』『ココイル』という成分が使われている
  • 髪の毛や頭皮の栄養となる成分が含まれている
  • 修復成分が含まれている

 

これらを満たすものであれば、アミノ酸シャンプーの効果を最大限に感じることができます。