MENU

アミノ酸シャンプーを使っているのに頭皮にかゆみがでる…ということが起こることがあります。

 

アミノ酸シャンプーは頭皮に優しいからと思って使っているのに残念ですよね。

 

どうして優しいものを使っているのにかゆみが出てしまうのでしょうか。その考えられる原因をまとめています。

アミノ酸シャンプーで頭皮がかゆくなる原因は?

アミノ酸シャンプーは頭皮や髪の毛と同じ成分でできている洗浄剤が使われています。だからこそ刺激もなく頭皮や髪の毛に優しいと言われているのですが、かゆみがでる方があります。

 

主な原因となっているのは、『純粋なアミノ酸シャンプーではないもの』を知らずに使っていること。

 

アミノ酸シャンプーとして販売されている物の中には、実は石油系界面活性剤が使われているものがあります…。石油系は刺激が強く頭皮のかゆみを引き起こす大きな原因となります。

 

でもアミノ酸シャンプーのはずなのにどうして石油系のものが使われているのか不思議ですよね。

 

実はアミノ酸シャンプーとして販売されているものでも、純粋なアミノ酸シャンプーと『アミノ酸配合シャンプー』とがあります。

 

石油系のシャンプーに少しでもアミノ酸系の成分が含まれているだけでアミノ酸シャンプーとして販売することができるため、間違えてしまうことがよくあるようです。

 

アミノ酸配合シャンプーはアミノ酸シャンプーのように低刺激ではなく、刺激の強い界面活性剤が使われていることがあるのでかゆみの原因になることがあります。

【もうひとつのかゆくなる原因】
シャンプーを確認しても、純粋なアミノ酸シャンプーなのにかゆみがでる…

 

そんな時はシャンプーのすすぎが足りないことが考えられます。

 

現在のすすぎ時間を倍の時間流すようにしてみるだけでかゆみを改善することができます。

かゆくならないアミノ酸シャンプーの選び方

純粋なアミノ酸シャンプーを見分けるためには成分を確認するのが一番間違いありません。

 

シャンプーの裏面に記載されているので、以下のような成分が配合されているものに注意しましょう。

  • ラウレス硫酸
  • ラウリル硫酸
  • オレフィンスルホン酸

このような成分は洗浄力が強く頭皮に刺激を与えることがあります。洗いすぎによる乾燥を引き起こすこともあるので気を付けて下さいね。

 

良質なアミノ酸シャンプーの場合は裏面の記載に

  • ラウロイル〜
  • ココイル〜

という成分が水の次に書かれているはずです。

 

このようなシャンプーを選ぶことで、低刺激で頭皮にも髪にもやさしくかゆみがでることもありません。もちろんすすぎは十分にしましょう。