MENU

アミノ酸シャンプーでもシリコン入りとノンシリコンのものがありますよね。どちらがいいのかという前に、シリコンについて少し説明したいと思います。

シリコンは本当に悪いもの?

シリコンと聞くと全て悪いもの!と思いがちですが実はそうではありません。シリコンの種類にもよりますが、美容室でするトリートメントはシリコンが配合されています。

 

ただ、美容師が使うので髪質の状態に合わせて量を調節したり、使用法を配慮するなどできるのでべたつくというようなことは起こりません。使われているシリコンも水溶性で1度のシャンプーでちゃんと洗い流せるものです。

 

シリコンは使い方によって髪にツヤを出したり手触りや指通りをよくするのに必要なものなのです。

 

シリコンが体に影響を及ぼすとすれば、豊胸手術のような体内に入れる場合で、元々は安全なもの。

 

だからといって、シリコン入りのシャンプーがよいということではありません。逆にノンシリコンシャンプーだから安全ということでもないのです。

シリコン入りとノンシリコンどっちがいいの?

シリコンは全て悪いものではないことがわかったところで、結局どっちがいいのかというところが気になりますよね。

 

シリコンは髪をツルツルさせるために使われるものです。他に配合されている成分が良質なものであればシリコンは必要ないのです。ということは、シリコンがたっぷり使われているシャンプーやトリートメントは他の成分があまり良いものが使われていないからと考えられます。

 

安い市販のシャンプーなどにシリコンがたくさん含まれているものは、他の成分が粗悪なものが使われている可能性が高いということになります。だからといって

 

シャンプーはやっぱりノンシリコンがいい!というほど単純ではありません。

 

実は最近のノンシリコン人気で、シリコンは使われていないけど、似たような成分のものが配合されていることがあります。

 

どれほど似ている成分が使われていても、シリコンが使われていないのでノンシリコンシャンプーとして販売できてしまうのです。

 

これらを考えると、何を選べばいいのかわからなくなってしまいますよね。

 

アミノ酸シャンプーを選ぶときに重要なのは、洗浄成分に何が使われているのかというところです。

  • ラウロイルメチルアラニン
  • ココイルグルタミン酸

このような洗浄成分が多く配合されているもので、できるだけジメチコンなどのシリコンが含まれていないものを選ぶようにするのが良いでしょう。

 

シリコン入りかノンシリコンかと迷う前に、洗浄成分やそのほかの成分をしっかり確認することがとても大切になってきます。