MENU

アミノ酸シャンプーの成分、他のシャンプーとは何が違うの?

アミノ酸シャンプーが話題になっているけど、他のシャンプーと何が違うのかよくわからない…という方も多いと思います。

 

裏に書かれている成分をみても似たような名前が多くて難しいですよね。

 

シャンプーにはすべての成分が記載されているので、ポイントを押さえることで簡単に見分けがつくようになります。

シャンプーの成分の違いとは?

シャンプーは6割〜7割が水で、その次に界面活性剤が多く含まれています。

 

ほとんどは水と界面活性剤で出来ているのがシャンプーとなるので、使われている界面活性剤によってアミノ酸系だったり石油系と言われるものに分かれます。

 

界面活性剤の種類によってシャンプーは分類されるのです。

 

アミノ酸シャンプーはアミノ酸系の界面活性剤が使われており、石油系シャンプーは石油系の界面活性剤が使われているということですね。

 

ではそれぞれの特徴について見ていきましょう。

石油系界面活性剤のシャンプーの特徴

泡立ちがよく洗浄力が強いのが特徴になります。

 

材料が安価なため商品も安く購入できるのが最大のメリットとなりますが、洗浄力が強すぎることもあり必要な脂分まで落とし乾燥してしまうというトラブルがでることもあります。

 

頭皮を通じて体内に石油系界面活性剤が蓄積されることで健康への心配もあると言われています。

 

ラウリル硫酸ラウレス硫酸という名前がつく成分が含まれているシャンプーは石油系のシャンプーです。

アミノ酸シャンプーの特徴

頭皮や髪に優しい界面活性剤が使われているので敏感肌の方や、頭皮トラブルのある方にも使えるシャンプーです。

 

ノンシリコンシャンプーや石鹸シャンプーのような髪のきしみもなくサラサラの仕上がりになります。

 

頭皮や髪の毛にはとても良いシャンプーですが、石油系のものに比べて価格が高いというのがデメリットでもあります。

 

『ラウロイル〜』『ココイル〜』という成分が水の次に書かれているものがアミノ酸シャンプーです。

アミノ酸シャンプーを選ぶときの注意点

アミノ酸シャンプーとして販売されているものでも、メインは石油系界面活性剤が使われていることもあります。

 

水の次に書かれている成分を見ればすぐに分かるのですが必ず確認してから購入しましょう。

 

石油系界面活性剤がメインで使われているのに、なぜアミノ酸シャンプーとして販売できるのかというと、成分の中にアミノ酸系のものが少量でも含まれていればアミノ酸シャンプーとして販売できてしまうんですね。

 

でも少量含まれていてもメインは石油系なので、純粋にアミノ酸シャンプーとはいえません。もちろんアミノ酸シャンプーの優しさもありません。

 

れっきとした石油系シャンプーですよね(汗)

 

シャンプーの裏面を見て、水の次に記載されている成分がアミノ酸系のものかどうかは必ず確認するようにしてくださいね。